雨の日でも洗濯可能になる浴室換気乾燥暖房機

浴室換気乾燥暖房機のメリット

注文住宅の設備に浴室換気乾燥暖房機を取り入れると、浴室内で洗濯物を干せるというメリットがあります。衣類によっては乾燥機を利用すると縮んだりしわになったりする場合があるため、乾燥機だけで全ての洗濯物を乾燥させることはできません。浴室換気乾燥暖房機があれば、雨の日でも快適な環境で洗濯物を干すことができるのです。何も使用せずに室内で洗濯物を干した場合と比較すると、生乾き臭が発生しづらいメリットもあります。

また浴室換気乾燥暖房機には、乾燥だけでなく暖房や冷風、換気などの機能も備わっています。常に浴室内を適温に保つことができるため、快適な環境での入浴が可能です。浴室換気乾燥暖房機で浴室内を換気することで、カビ予防効果も期待できます。

浴室換気乾燥暖房機のデメリット

便利なイメージの浴室換気乾燥暖房機ですが、注文住宅の設備に取り入れる前にデメリットについても理解しておきましょう。浴室換気乾燥暖房機で洗濯物を乾かす場合、洗濯物を干す作業が必須となります。洗濯物を放り込んでおくだけで乾燥させてくれる洗濯乾燥機と比較すると、手間がかかるというデメリットがあるのです。

また浴室換気乾燥暖房機は、使用するごとに電気代が発生してしまいます。機種やメーカーによって電気代の金額には差がありますが、洗濯物を乾かすために1回4時間程度使用するとおよそ120~200円ほど電気代がかかってしまうのです。換気や乾燥など機能によって電気代が異なるので、状況に合わせて浴室換気乾燥暖房機の機能を使い分ける必要があります。

建設中の注文住宅では、設計士が定期的に現場を視察します。そのため遠方の設計事務所に依頼すると、現場までの交通費を請求されることがあるので注意しましょう。